2022/09/23 〜 2022/10/23

誰でも楽しめる博物館として国際的に注目されているユニバーサル・ミュージアムが、期間限定で杜の街グレースに登場。会場内の全ての展示品は実際に触ることができ、来場者が展示品を実際に触り、触覚(視覚以外の感覚)に集中することで、感覚の多様性に気づきを与えていくものです。

 

開催日:2022年9月23日(金・祝)~10月23日(日)10:00 ~17:00
場所:OFFICE SQUARE ANNEX 2階
入場料:無料
主催:OHK岡山放送
企画協力:広瀬浩二郎(国立民族学博物館准教授)
協力:両備ホールディングス㈱
展示作品:三木製作所(さわれる立体地図2点)、片山博詞(ヒトの彫刻2点)、北川太郎(石の彫刻2点)、冨長敦也(石の作品4点+記録映像)、大塚オーミ陶業㈱(陶板名画3点)、渡辺泰幸(土の音具数点)、岡本高幸(体験型の古墳型の彫刻)

 

■関連イベント
ワークショップ 世界はさわらないとわからないー「ユニバーサル・ミュージアム」とは何か

開催日:2022年10月10日(祝・月)①11:00~12:00・②14:00~15:00
会場:OHK本社10階会議室(杜の街グレースオフィススクエア)
講師:広瀬浩二郎(国立民俗学博物館准教授)
定員:各回16名(小学3年生以上)
内容:世界各地の玩具・楽器などに実際に触れながら、「ユニバーサル=誰もが楽しめる」の意味を参加者とともに考える体感型ワークショップ。
コロナ禍を吹き飛ばす「触発力」を岡山から全国へ!
参加方法:要事前申し込み ⇒応募はこちらから(9月30日応募締切)
本イベントの企画協力を行う国立民族学博物館広瀬浩二郎准教授は、「さわる展示の魅力は、その場に足を運び、手を伸ばしてみなければわからない。全身に分布する触覚センサーをオンにして、多様な作品との対話を楽しんでいただきたい。」とコメントしています。