【両備ホールディングス】11月30日より杜の街グレースで業務開始

2021.11.30

両備グループの空間創造事業で
感染対策も施した、持続可能でやる気の出る、気持ちのいい
ABWを実現できるオフィスが完成

両備ホールディングス株式会社(本社:岡山県岡山市北区、代表取締役社長:松田敏之)は、開発中の「杜の街グレース」(岡山市北区下石井)へ本社を移転し、11月30日(火)より新天地での業務を開始いたします。「杜の街グレース」は現在第1期の開発中で、今後段階的に商業施設のオープンが控えております。この開発を通じて、岡山の価値を高め、岡山に住む様々な世代の方たちが誇りに思えるまちづくりを目指してまいります。

■新本社概要
新住所:〒700-8518 岡山県岡山市北区下石井二丁目10番12号 杜の街グレース オフィススクエア5階
業務開始日:2021年11月30日(火・大安)
※引越は11月20日(土)から開始、11月30日(火)に神事
移転部署:両備経営サポートカンパニー(役員室・創夢本部・財務本部・人財本部)、両備グループ経営戦略本部(アグリビジネス推進部、クリエイティブサポート部を除く)以上、約130人

■両備ホールディングスが本社移転で目指すもの
両備グループ、両備ホールディングスがよりよい組織でいられるよう、両備経営サポートカンパニーの創夢本部・人財本部・財務本部と両備グループ経営戦略本部が、新オフィスでよりハイレベルなパフォーマンス発揮を目指します。働き方ソリューションに対応したオフィス環境だけではなく、人事制度も整え、4本部の社員がワンフロアで業務をすることで、今まで以上に「共創」し、新たな価値を生み出してまいります。
両備グループは現在、「住む人、働く人がとびきり幸せである街」「日本中から、世界から足を運びたくなる魅力ある街」「岡山の未来へとつながる街」を目指して、杜の街グレースを開発中です。杜の街グレースをまちづくりの拠点と位置付け、両備ホールディングス株式会社が本社を置くことで、この街に責任を持ち、この街とともに次代を創り上げてまいります。

■新オフィスの特長
・【賑やかなオフィス】透明性があり自由度の高い対流型オフィス
100人がワンフロアの大空間での執務、ガラスを多用したシースルー空間等
・【見せたくなるオフィス】チャギントンをモチーフにした楽しいオフィス
エレベーターを降りた瞬間からチャギントンの世界、会議室名にチャガーの名前を採用等
・【持続可能なオフィス】オープン型マネジメントを促す仕掛け
偶発的なコミュニケーションを生む窓際フリーゾーン、フリーアドレス採用で隣の人が毎日違う等
・【仕事がはかどるオフィス】会議室・休憩室・壁にも工夫、テレワークにも対応
会議室に横長特大ホワイトボード採用、会議室全室にweb会議セット、固定電話廃止でどこでもオフィス等
・【やる気の出るオフィス】植物、照明、映像でエンゲージメントアップ
室内に多様な植物、廊下は小径のように、気分により変更可能な照明の色温度、エントランスで最新映像
・【気持ちのいいオフィス】アフターコロナ対策も万全に
在籍人数80%の固定席(密度を抑える)、執務デスクへアクリル板設置、感染予防策として自動ドアの採用、顔認証できる検温器設置 大きなワンフロアも感染症拡大の際は小部屋にできるセパレート機能あり等

両備ホールディングス株式会社
杜の街グレース オフィス入居お問い合わせはこちら

一覧へ戻る